サーヴァント 

サーヴァント 

【FGO】ファントム・オブ・ジ・オペラ(☆2アサシン)オペラ座の怪人

19世紀初頭のフランスで実際に起きた出来事を元にして作られた、ノンフィクションゴシック小説がオペラ座の怪人である。 オペラ座の地下に広がる巨大な水路に住まう謎の男。その男と、その周囲の人間が繰り広げた物語、今日紹介するサーヴァ...
サーヴァント 

【FGO】ヘンリー・ジキル&ハイド(☆3アサシン)一人が二人。

二人で一人。一人で二人。 小説【ジキル博士とハイド氏】の登場人物ーーーもしくは、そのモデルとなった人物が今回紹介するヘンリー・ジキル/ハイドです。 本編では1部4章のロンドンに登場。ジキルとハイド、と言えば英国が出典の伝...
サーヴァント 

【FGO】百貌のハサン(☆3アサシン)Arts宝具連発アサシン。

暗殺教団:総勢19人とされるハサシンの1人である百貌のハサン。FGO本編では6章に登場し、そのタイミングで実装されました。 呪腕、静謐とは違った暗殺術を身に着けており、その真髄は多重人格による専門家の分散。一人分の肉体に百人分...
サーヴァント 

【FGO】エドワード・ティーチ(☆2ライダー)黒髭こと、くろひー

恐らく古今東西の海賊の中で、最も有名であり、まさしく”海賊”のイメージを決定づけたのがこのエドワード・ティーチ:通称、黒髭と呼ばれる男です。 FGO内ではデュフフ!とネットスラングが口癖で、変態野郎と女性陣に罵られて喜びを感じ...
サーヴァント 

【FGO】ポール・バニヤン(☆1バーサーカー)驚きの周回速度。

FGOのサービス開始2周年記念イベント”オール・ザ・ステイツメン!”にて実装された☆1バーサーカー。 アメリカ開拓史時代の噂話=トール・テイル(噂話)に登場する伝説上の存在。北米の地理的要因はこのバニヤンの行動によるもの、だと...
サーヴァント 

【FGO】ヘクトール(☆3ランサー)トロイア戦争の大英雄。

ヘクトール。 アキレウスに並ぶトロイア戦争の主役の一人であり、ギリシャ神話におけるトロイア勢の最強の戦士。 卓越した戦技を振るう戦士として戦場でその名を知らぬものは居ないとされた、トロイアの王子でもある。パリスの直系の兄。 本...
サーヴァント 

【FGO】森長可(☆3バーサーカー)鬼武蔵なら仕方ない(信長談

森長可、初出は『Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』です。 日本の歴史上では数多くの暴れ者が名を馳せましたが、その中でもこの森長可ほどの破天荒な経歴を持つ人物は中々いないのではないでしょうか。 本人のステータス画面...
サーヴァント 

【FGO】アスクレピオス(☆3キャスター)アルゴノーツの医神

二部四章【ユガ・クシェートラ】に登場したキャスター、アスクレピオスの紹介記事です。 シナリオ内ではカルデアの敵として登場したのにも関わらず、その行動指針は一貫して病や怪我に苦しむ者を救う事。 医術を志す者は、彼ーーーアス...
サーヴァント 

【FGO】宝蔵院胤舜(☆3ランサー)槍の宝蔵院と言えばこの人。

初登場は1.5部3章の【下総国】で登場。 詳細は実際に本編をプレイして確認して頂きたいので省きます。実際に、自分の眼で見る事に意味がある・・・と思います。私は。 操る槍の苛烈さとは打って変わって、明るい青年。俵藤...
サーヴァント 

【FGO】アヴィケブロン(☆3キャスター)無花果の花が咲いている。

2部1章に登場し、ひ弱なキャスターにあるまじき壮絶な戦いぶりを披露していったアヴィケブロン氏の紹介です。 NPチャージからの全体宝具で雑魚掃除が出来る上に、死亡時発動スキル持ちとして話題になったので、これは使いがいがありますよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました