【FGO】アンリ・マユ(☆0アヴェンジャー)この世全ての悪。

スポンサーリンク
サーヴァント 

この世全ての悪としての役目を与えられたーーー押し付けられてしまった、ただの青年。

それがアンリマユ、人類最弱のサーヴァントである。

 

出典はFate/stay nightのファンディスク【Fate/hollow ataraxia

この格好は?その武器は?等々の疑問については、是非とも原作を手に取って頂きたいと思います。

 

FGO内での扱いは、まさかの☆0サーヴァント。召喚もフレンドガチャのみで排出されます。人によってはまだ見た事ない・・・という事もあるのではないでしょうか。

その性能に関しては、はっきり言って使い勝手が良いハズもありません。なんと言っても、人類最弱なので。

発動ターン中に受けたダメージを倍加して打ち返す宝具が最大の特徴ですが、二種類のデバフと、段階的に威力の上がる特殊な自己バフを保持しているので使い方次第かと。

 

詳しくは以下からどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンリマユのステータス

通常のガチャでは召喚不可能で、まさかのフレンドガチャのみからの排出。

それも極々低い排出率なので、人によっては☆5よりも入手が難しい・・・というまさに隠しレアキャラクターという特性を持っています。

  • 属性アライメント:混沌・悪(紅閻魔ちゃん特効)
  • 隠しステータス:サーヴァント・人型

コマンドカードの性能

ヒット数

  • Q:3
  • A:2
  • B:1
  • EX:4
  • 宝具:0

 

アンリマユのスキル・宝具詳細

保有スキル解説

強化必要素材

強化・再臨に必要な素材が魔石など必要ないのである意味では育成がしやすい・・・かもしれません。

 

第一スキル 右歯噛咬

敵単体のクリティカル発生率をダウン(3ターン)

倍率が高い(30~50%)事故死予防スキル。クリティカル率アップ、のようなスキルを多用する相手には効果抜群。

そうでない相手なら、殆どクリティカルが発生しなくなります。

 

第二スキル 左歯噛咬

敵単体のチャージを減らす+攻撃力をダウン(3ターン)

チャージは確率ではなく確定。対魔力などが無ければ確実に効果を及ぼします。

攻撃力も10~30%ダウンと、中々の性能。二つの優秀な効果があるので、強化にお勧め。

第三スキル 死滅願望

自身に毎ターン徐々にQuickカード性能がアップする効果を付与(5ターン)+5ターン後に死亡+(強化クエストクリア後)自身にガッツ付与。

アンリマユ最大の特徴であるカウンター宝具発動のためには、自身が大量のダメージを受け続けて生き残っている必要があります。

しかしながらHPは☆2程度のステータスなので、素の状態では一撃死も。

ガッツで生き残れば、それまでに受けたダメージをそのまま打ち返せるので、宝具の発動が容易になります。

なるべく早く解放したいスキル強化です。絆ポイントを貯めましょう。

クラススキル

アヴェンジャーおきまりのクラススキル設定。

NPは毎ターン2増えます。

宝具「 偽り写し記す万象 ヴェルグ・アヴェスター

自身に待機状態を付与(1ターン)&HP回復(OCで効果アップ)+敵のターン終了時に、それまでにアンリマユが受けたダメージを敵全体に倍加(宝具レベル1で200・250・275・287・300)して与える。

”待機状態”になる=宝具を使用すると、一切の行動が取れなくなります。つまり単体でのArts宝具からのブレイブチェインなども不可能です。

逆に待機状態だと相手からのバフが全て対象外になる上に、宝具のダメージは相手の防御・回避・無敵等の一切合切を無視してダメージを与えます。

使いどころが非常に難しいものの、与えられるダメージは必中確定なので一部の高難度クエストなどでは活躍の場面があるかも?

 

アンリマユについてまとめ

スキル強化によって、宝具は多少実用的になったものの相変わらず局地戦特化のサーヴァント。

自他とも認める最弱サーヴァントなので、積極的に殴りかかるタイプではありません。

最大の特徴である宝具のダメージそのものを強化する方法は宝具レベルを上げるしかなく、バフで強化出来るわけでもない珍しい立ち位置のサーヴァントでもあります。

 

宝具を発動しやすくするためには第三スキルのガッツ付与が必須でしょう。

しかし対象の強化クエストを開放するには「アンリマユの第三再臨+絆10」と気の長くなる条件なので、まずは気長にフレポガチャを回し、次に意識的に多くクエストに連れていく努力が必要でしょう。

 

使い方次第で思わぬクエスト攻略にはまる、かも。

 

以上、アンリマユについてでした。

やっとこさ俺の出番かね?

(初見で敗北した人)

コメント

タイトルとURLをコピーしました