【FGO】ベディヴィエールの性能などをあれこれ。【☆3セイバー】

FGO ベディヴィエール セイバーサーヴァント 

ランサーのボスが倒せない・・・
NPチャージが出来て、単体Buste宝具でダメージを出せて、その上周囲の援護も出来て、育成が容易な低レアのセイバーって・・・居るか?

 

今回ご紹介する【ベディヴィエール】はまさに適役と言えるでしょう

 

ストーリーガチャ限定なので入手が難しい=宝具レベルが上げにくい、という点がネックですが、単体Buster宝具の威力は非常に高いサーヴァントです。

セイバーの単体Buster宝具と言えば、ラーマ宮本武蔵のようなど派手なサーヴァントがまず思いつきますが、高レアは持ってない・・・という人にも安心の☆3です。

もしもセイバーのアタッカーが不在で、もしも運よくピックアップなどで宝具が重なったのなら、育成をお勧めしたいサーヴァントです。

 

※再臨絵などのネタバレがあります。

ベディヴィエールの能力について私感

ヴディヴィエール FGO セイバー

1部6章のクリア報酬で入手可能なベディヴィエール。

宝具を重ねるためにはストーリー限定ガチャを回す必要がありますが、例えばクラス別ピックアップ(セイバー)などがあれば狙い目ですね。

宝具を重ねられれば、☆4~5にも負けないダメージを叩きだせます。

最終再臨(レベル70)を終わらせるだけで、ほぼ戦力として完成するので素材が云々よりも種火を集めるだけで戦力に。

ただしこの点はメリット・デメリットにもなるので、後述いたします。

  • 隠しステータス:人型・サーヴァント・愛する者・円卓の騎士
  • 属性アライメント:星・秩序・善 (エヌマ特攻対象外)

コマンドカードの性能とヒット数

  • Q:2
  • A:2
  • B:1
  • EX:5
  • 宝具:2

Artsが一枚しかないモノの、それに比例してかNP効率は高めです。EXのヒット数は多いので、先頭ボーナスを生かした立ち回りを意識しましょう。

ベディヴィエールのスキル・宝具詳細。

強化必要素材数

キャメロット(1部6章)からの登場に伴って、新素材の鎖が必要になります。証も大概多いですが・・・

第一スキル 軍略→騎士の軍略

味方全体の宝具威力をアップ(8~16%)&獲得量をアップ

持続ターンが1ターンのみなので、自身の宝具に合わせて使うか、誰かのサポートに合わせて使うか。

ベディヴィエールの3つのスキルで、この【軍略】が一番スキル強化の恩恵を受けやすいです。残りの二つは開放のみでも十分な戦力になります。

スキル強化によって、効果時間が3ターンになりました。使いやすさと純粋に威力もアップ(10~20%)しています。

第二スキル 沈着冷静

NPを即時30増やせる有能なスキル。

増やせるNPはレベル1でも10でも同じなので、精神弱体【恐怖・魅了・混乱】の耐性が上がる事を気にしないのであれば、強化しなくても良いかも。

CT短縮を目当てにするのなら、10まで頑張りたいですね。(最短で6)

第三スキル 守護の制約

味方全体の防御力をアップするのはマシュだけではないのです。

効果は1ターンのみですが、スタンや攻撃力ダウンなどの弱体化にかかりにくくなります(30~50%)

防御力は30%アップ固定です。

宝具  剣を摂れ、銀色の腕 スイッチオン・アガートラム

自身へのBuster強化の後に、単体への攻撃を行う宝具。

強化クエストを行う事で、さらにダメージが上がります。

宝具5で、自身のバフ(軍略レベル5=11.2%)のみで対ランサーにこのダメージ。

比較対象として、ランスロット(剣)を参考までに。宝具レベルは1で、自身の宝具使用時のArtsアップ以外に強化は無しです。

ランスロットは宝具単体の評価ではなく、スターをコントロールしたクリティカルからのNP回収がメインなのでこの数値はあくまでも参考までに。

宝具AAのチェインが決まれば、あっという間にNPが貯まりますので連発も可能です。

 

 

ベディヴィエールの総評

再臨と強化クエストを終わらせるだけで、ある程度の戦力としては計算できるので、セイバークラスの低レアアタッカー筆頭なベディ。

ただし、完成度が高い分伸びしろは短いので主力として使うなら聖杯や☆4フォウ君も視野に入れたい所。

高レアに比べて育成のコストが低いのも十分なメリットなので、入手した際には手持ちのセイバーと相談して強化してあげて下さい。

 

以上、ベディヴィエールについてあれこれでした、ぴょん。

 

私は彼に、何を告げるべきなのでしょうか

難しいよね。剣を還せ、とか? よくやったとか?

6章の結末は涙不可避。

 

キャメロット劇場版公開に合わせて霊衣が開放されました。

勲章が・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました