【FGO】クー・フーリン(☆3ランサー)こと槍ニキの能力を解説。

スポンサーリンク
ランサー クー・フーリン ☆3 サーヴァント 

Fate/Stay night から登場の元祖ランサーことクー・フーリン。

FGOでランサーと言えば?と聞かれると、果たしてどの程度の割合でこのクー・フーリンが出てくるのでしょうか。

さて、一口にクー・フーリンと言ってもキャスターもいれば若かりし頃(通称プロト)や高レアバーサーカーも存在します。

 

☆3のランサーなので、フレポガチャでも入手可能。ゲームを始めたばかりの人にもおすすめ出来る耐久性能。何と言っても再臨を1つ行うだけで得られる第二スキルが非常に強力です。

序盤の対アーチャーはもちろん、シナリオ後半でのボス戦における最後の一騎にと、大活躍。今回はそんなランサーの兄貴こと、クー・フーリンをご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランサー(クー・フーリン)のステータスを解説

ケルトの大英雄、イングランドの光の御子とまで呼ばれる伝説のサーヴァント。もしも知名度での勝負となれば、かのアーサー王に匹敵するとさえ言われている程です。

FGOでは気のいい兄貴肌として振舞っている描写が多いので、とてもそうとは思えませんね。

コマンドカードのヒット数はQ:2 A:2 B:1 EX:3 宝具:1

Qが2枚でAが1枚しかなくヒット数も少ないので、NPを貯めるのはやや苦手。礼装やサポート役による補助は必要でしょう。

決してArtsのNP獲得効率が悪いわけではありませんが、1枚では・・・と言う意味です。

クー・フーリンのスキル・宝具の詳細

保有スキル解説

全てのスキルが”場に残り続ける事”に特化しているので、可能な限りスキルレベルを上げてCTを短縮したい。

最低でも6、可能ならスキルマが理想です。しかし全ては難しいので、第二スキルを優先して10を目指しましょう。

第一スキル 戦闘続行

よくあるガッツ。復活時のHPは1000~2500

CTが7~9なので、せめて間隔を短くするためにスキルレベルは6にしたい所。もちろん可能であるならばスキルマ推奨です。

第二スキル 矢避けの加護

視認できる飛び道具はクー・フーリンには命中しません。それなんてチート。

ゲーム的には回避を3回付与、というスキルです。ターン制限も無いので、登場したら何も考えず直ぐに使っていいでしょう。相手が必中(あるいは無敵貫通)のギミック等を持っていない事が前提ではありますが。

非常に優秀なスキルですが注意点を一つだけ。回数消費の回避は、効果期間中に新たに回避を重ね掛けしても無効化されます。必ず回数を消費しきってから、新たな回避を付与しましょう。

防御アップは8~16%と本当におまけ程度に考えておきましょう。

スキルレベル10でCTが5ターンになるので、再使用も十分に考えられるレベル。最優先でスキルレベルを上げる事をおすすめします。

呪腕のハサンが同等のスキルを保有しています。

第三スキル 仕切り直し

弱体解除+HP回復。

毒や混乱、宝具封印等の弱体状態を一気に解除できるスキル(スキル封印とスタンは無理)なので、クー・フーリンが最後の単騎となった場合には非常に重宝すると思います。

HP回復は500~1500と最低限レベル。ガッツ発動後の回復、と考えて使うのも良いかと。

クラススキル

表記の無い隠しステータスですが、ブリュンヒルデの愛する者対象です。

宝具「 刺し穿つ死棘の槍 ゲイ・ボルグ

必中付与の超強力な攻撃。

必中付与は強化クエストをクリアすると追加される要素(ついでに宝具威力そのものも上がります)ので、まずは最終再臨を。

中確率で即死、と表記されていますがボスエネミーを最後の一騎として相手取る場合が多いので、それほど即死が発動する印象がありません。

即死判定→ダメージ→防御ダウン、の順で処理が行われます。

ランサー(クー・フーリン)の評価・運用総評

兎も角、場に残り続けるのが最も活躍できる場所なので、最終単騎などの後衛編制が中心になるかと。

回避や無敵付与の礼装を装備して一番後ろに置いておけば、ボス戦でもなんとか勝ちを拾ってくれる、という場面は意外とありました。

この辺りはいわゆる殿絆ヘラクレス、のような考え方ですね。

つまり、回避・ガッツを使用しておく→回数消費の回避で耐える→撃破されてもガッツで復活→回避がリチャージされる→先頭に戻る。

相性の良いサーヴァント

なので相棒としてはダメージのコントロールが出来る盾役のサーヴァントや、倍率の高い単体強化を付与してくれるサーヴァント等が考えられます。

盾役としては、マシュゲオルギウス

強化役ならば、アンデルセンや師匠であるスカサハ・スカディなど。

サポートは選択肢が非常に多くなると思いますので、Qアップや3ターン継続などの効果時間が長いものを選びたいです。理由としては最終単騎で粘る状況を想定しています。

装備する礼装の考え方

無敵と回避を同時に付与されると、無敵が先に消費されますのでご注意を。

単騎として居残る場合は、攻撃系の礼装も選択肢に入ります。しかし1ターン、1ターン、場に残る事は非常に重要かつ難解になりますので、やはり回避・無敵・ガッツ等の礼装を選ぶべきかと。

 

俺に任せな!

以上、ランサーの兄貴!ことクー・フーリンについてでした。

サーヴァント 
スポンサーリンク
ミカ@FGOのススメをフォローする
FGOのススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました