【FGO】2部5.5章 平安京【第七節 友と子と(後編)】

クエスト

Lostbelt NO.5.5 地獄界曼荼羅 平安京の攻略記事(第七節)です。

 

頼光屋敷にて激戦の幕が切って落とされた!

謎の少女の正体は?

第七幕 友と子と(後編)

一つ目は読み物だけで終了。

第二進行度

ここまでは露払い。今のうちにNPやスキルのCT、スターなどの準備・調整を行っておきましょう。次が本番です。

再び酒吞童子。二回目所ではない気がしますが。

相変わらず攻撃時・防御時にデバフが。戦い方に関しては前回と同じで大丈夫です。今回はパラPが援護にいないので、酒吞童子が最大で三回行動するのにご注意ください。

ブレイク時。

クリティカル威力アップと、発生率アップを付与。確定かどうかは解りませんが、味方全体に防御力ダウンと魅了を付与してきます。

任意で使用するガッツはHP1800で復活します。

繰り返しになりますがアサシンなので、キャスターやアルターエゴ・バーサーカーをアタッカーに据えましょう。弱体化解除があると便利。

第三進行度(酒吞童子&パラP 攻略)

決戦!

サポート枠から金時を選んでいなくとも、この場面には顔を出してきます。まぁ物語の流れ的には金時がいる方が自然でしょうし。

酒吞童子はゲージが3本。パラPは2本のゲージを保持。

開幕と同時に酒吞童子にタゲ付与が。

1回だけではありますが、弱体無効があります。本命のデバフを打つ前に、何かしらのデバフを空打ちして消費させてしまいましょう。

ブレイク時。

攻撃すると都合4つの毒が付与されます。1回につき4つなので、単体のブレイブチェイン(4回攻撃)まで持っていくと、16個=300x16で1ターンで4800の毒が付与されます。

毒無効って誰かいましたっけ・・・?→卑弥呼ちゃん(裁)が毒と呪いが無効です。

二つ目のゲージをブレイクすると、蝕毒と防御ダウンを付与。

 

パラPはゲージをブレイクすると全体のNPをダウンさせてきます。

酒吞童子&パラP決戦:まとめ

この光景を何度見たことか。

最後はパラPとランサーでの殴り合いに。回避とガッツを張って、粘り切るお仕事です。

  • 兎も角、酒吞童子のデバフがしんどい。頻繁に使える弱体解除を。
  • ゲージブレイクからの撃破まで酒吞童子を一直線で。
  • 攻撃をすればするほどこちらが不利になるので、単体宝具で一気に倒したい。

守ったら負ける、攻めろ!の精神で攻撃を続けましょう。弱体成功率アップのバフ(解除不可)を酒吞が持っているので、対魔力等があっても中々弾く事は難しいです。

前衛で酒吞のゲージを一つ、あるいは一つ半くらいまでは持っていきたいところ。

サポート枠についてはアルトリア(術)などで守りを固めるより、三蔵ちゃんやオケアノスの魔女などNPチャージからの単体宝具持ちが居れば、少ない攻撃で撃破が可能です。メディア奥様では火力がちょっと心もとないですね(凸黒聖杯などがあれば別)

繰り返しになりますが、ともかく酒吞童子を先に倒しましょう。これだけで何とかなります。

 

卑弥呼ちゃん(ルーラー)は毒が無効です。参考までに(未所持)

 

以上、第七節でした。

 

こんにちは。管理人です。記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。

当ブログでは、基本的に課金せずともシナリオ攻略やイベント時の高難度クエストを攻略できるプレイを目指しております。
ただ、絶対に課金しない!というわけではなく、例えば☆5確定の福袋や、このサーヴァントは絶対に引いておきたい!という場合は多少の課金は行っています。
(流石にアルトリア・キャスターは引きに行きました。水着ぶーしきちゃんは断念…)

もちろんFGOもゲーム会社が運営しているわけですから、プレイヤー=利用者が課金する=売り上げになるので、ありえない話ですが誰もが今後一切課金しなければサービスは終了してしまいます。
課金してくれない=売り上げにならないわけですから。

かと言って際限なく課金していれば、普段の生活に支障をきたしますし、必ずしも目当てのサーヴァント(礼装)が入手出来るとも限りません。
ダメな時はいくら課金してもダメ。このあたりが電子ガチャの怖い所ですね(時には数十万もの沼が・・・)

普段の生活に影響が出る課金はしたくない、
福袋くらいの課金ならしても良いかな、

そんな時にはFGOのみならず、家の中でもうずいぶん手に取っていないソフトやゲーム機本体を『ゲーム買取ブラザーズ』に買取査定してもらってはどうでしょうか?

断捨離すると運が上向きになるらしいですよ

クエスト
FGOのススメ
タイトルとURLをコピーしました